赤ちゃんの服を洗濯するときは肌への刺激が少ないものを選ぼう

赤ちゃん

ベビー服を清潔に保つ

子供

肌トラブルから守る

赤ちゃんの肌は、もちもちでふわふわしていてとても気持ち良いですよね。赤ちゃんは、大人の皮膚と比べて半分の薄さしかなく、とてもデリケートな肌です。そのため、少しの刺激や温度の変化を受けやすくなっています。赤ちゃんの肌を考えて、毎日の洗濯に悩むママも多いでしょう。直接肌がふれる服はいつも清潔に保ちたいものです。ベビー服の洗濯には、赤ちゃん専用の洗剤が販売させています。大人用との違いは、刺激成分が含まれていないことにあります。例えば、汚れを落とす「界面活性剤」には、主に石油成分から作られている合成洗剤と呼ばれるものがあります。皮膚の弱い赤ちゃんの肌には強すぎるため、天然物質をもとにした天然界面活性剤を選ぶようにすると安心でしょう。また、石けん洗剤衣服を白くする「蛍光増白剤」は、赤ちゃんには、必要のない成分です。このように、専用の洗剤を選ぶことで赤ちゃんの服も安心して洗濯することができます。

落ちにくい汚れには

赤ちゃんの服はとても汚れやすい物です。母乳やミルクは落ちたつもりでも、時間がたつと黄ばんで出てきたということはないでしょうか。それは、タンパク質の成分が固まりでできてしまうためです。早めにぬるま湯につけて、こすり洗いをすると良いでしょう。重曹を溶かしたぬるま湯で洗うと、気になる臭いも取ることができます。重曹の臭いは洗濯後には取れています。また、主に母乳やミルクで栄養を取っている赤ちゃんのうんちは柔らかく、オムツ交換の時に、服も汚れてしまったということもあるでしょう。うんち汚れは、時間がたつほど取りにくくなってしまい、菌も繁殖してしまいます。早めに石っけんでこすり洗いします。汚れが取れにくかったり、すぐに手が離せないようなら、石けんを溶かしたぬるま湯に付け置きし、手が空いたときにこすり洗いもすると良いでしょう。

肌に優しい洗剤

観葉植物

赤ちゃんは新陳代謝がよく、また衣服などを汚すケースも多いため、こまめな洗濯が重要になる。洗濯をする際の注意点として、低刺激の洗剤を使用してあげることや、しっかりと濯ぎを行い洗剤を極力残さないことが重要になる。

Read

乳児の衣類を洗う方法

man

赤ちゃんは肌がデリケートなので、洗濯を行う時に大人の衣類と一緒に洗う事は避ける事が求められます。そのため赤ちゃんの衣類を洗濯する時には、刺激の少ない赤ちゃん用の洗剤を使用して、洗濯を行う事がオススメです。

Read

ベビー用衣類を洗う時は

woman

赤ちゃんの衣類などを洗濯する際には、赤ちゃん用の肌に優しい洗剤などを選ぶのが特徴です。洗剤を選ぶときは、サンプルや試供品などを利用して肌に合うものを選びます。また洗剤だけでなく柔軟剤も肌に優しいものを選ぶことが大切です。

Read